サイトメニュー

基本を理解しよう

診察

それぞれの特徴や種類を知っておく

二重整形は、一重だったまぶたを二重にすることにより顔立ちをよりはっきりさせる働きがあります。また、もともと二重でもよりはっきりしたラインを描くことにより、明るい顔にすることができるでしょう。もし、自分の顔にコンプレックスがある場合には、美容整形外科やクリニックで整形するのも一つの方法と言えます。実際に整形を希望しているならば、どのような種類があるかを理解しておく必要があります。まず一つ目は、埋没法と呼ばれる方法です。これは、メスは一切使わず糸と針だけで人工的にまぶたの形を作っていくやり方になります。糸と言っても傷口を縫うものとは少し異なり、あくまで上まぶたをつり上げるものです。そのため。かなり細い糸が利用されます。半永久的に効果が持続するわけではありませんが、費用が安いのが特徴で一回当たり6万円前後になることが多いでしょう。もう一つの方法は、切開法と呼ばれる施術になります。これはメスを入れる方法で、人工的に二重を作っていきます。費用は埋没法の4倍ぐらいはしますが、半永久的に効果が持続する点で、或る意味コストパフォーマンスに優れているといえるでしょう。切開法にも2種類あり、大きくメスを入れる方法とほんのわずかな部分だけメスを入れる方法があります。どのように違うかといえば、前者の場合にはまぶたの脂肪が厚い場合や皮膚が厚い場合などに用いられます。後者の場合は、比較的皮膚が薄い場合に用いることで、きれいにラインを作ることができるようになるでしょう。どちらにするかは、最終的に医者の判断を仰ぐことになります。
二重整形の費用は埋没法と切開法で大きく違うことがわかりますが、なぜこのように費用の違いが出てくるのでしょうか。基本的に、一番大きな違いは技術の違いといってもよいかもしれません。埋没法の場合は、比較的簡単に行うことができます。それでも、細かい糸を通さなければならないため一定の技術が必要です。ですが、切開法に比べればそれほど大がかりにはならないでしょう。糸を入れてつり上げますので、微調整をしながらちょうどよい位置に決めていきます。当然、固定する前は何度かやり直しも可能です。これに対して切開法の場合、あまりメスを使わないマイクロ切開と呼ばれる方法であっても、皮膚にメスを入れるわけですので責任が重大です。しかも、一度間違えてしまうと修復するのにかなりの時間とお金がかかってしまいます。このように考えれば、埋没法と比べても技術が必要なことがわかるでしょう。これが、二重整形の費用の違いといっても過言ではありません。ただ、最近は医療技術が発達したため切開法も特別に難しいやり方とは言えなくなりました。たいていの場合1時間程度で終わらすことができるため、二つの施術方法の差にそこまで大きな違いはないといえるでしょう。それ以外に違いがあるとすれば、半永久的に効果が持続するかそれともある程度時間が経過すると元に戻ってしまうかでしょう。切開法の場合は、完全にメスを入れてラインを作りますので、一度行った整形は特に手をくわえない限り元に戻ることはありません。その分、費用が高くなるといえます。一方で、埋没法の場合は、糸の力が弱くなってきたり筋力が弱まったりすることで二重の部分がぼやけてくることがあるでしょう。そのため、切開法に比べると費用が安くなる傾向があります。

Copyright© 2019 クリニック選びの良し悪しが重要なポイントになる All Rights Reserved.